小僧からのお知らせ
- Information -

住民が、ありのままに自分を表現しあう街、オリタン。 みんなの個性や価値観が共存しあう街、オリタン。 今日からあなたもオリタンで暮らしませんか? http://blog.goo.ne.jp/olympustown/

-- E N D --
.
.

プロフィール

小僧

Author:小僧
北海道出身の優柔不断男。
讃岐で大学生活をすごし、そのまま根付く。


最近の記事

最近のコメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

QRコード
QRコード

FC2ブログジャンキー

PopUp Wikipedia

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

戯言 2


なんだかんだ生き延びてはみたものの・・・

TOP > スポンサー広告 > 先に言っておく・・・ごめんなさいTOP > 未分類 > 先に言っておく・・・ごめんなさい

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先に言っておく・・・ごめんなさい


僕のした単純作業が この世界を回り回って 

まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく

そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑


(Mr.children 『彩り』より)


さてさて ことあるごとに言っておりますが

就活なんですよ(ちょっと、しつこいかね

いろんな企業に「こんな僕、どうでしょ?ええ仕事しまっせ」なんて求愛

「まぁ、話聞こうじゃないの」なんて優しい対応もあれば

「会うまでもないわさ、なはは」なんてなこともあるわけで

そりゃ多少の気持ちのゆれはあるものの、「まぁ、なるようになるさ。ケセラセラですよ」なんてケラケラ気分にもなってくる

ひとって「自分だけはなんだかんだで大丈夫」思ってる分、究極のところで自分に対しては楽観的

「まぁ、僕の人生、最後は僕が責任取りますよ」なんてアホなこと考えたりする


でも、そんな僕のことを 僕以上に心配してくれる人もいるみたい

「そんな大したことでもないんだけど」な知らせに、「よかったよかった」声詰まらせるから 「なんてことないことなんだよ」なんて不思議な言い訳してしまったり

「別に気にしてないけど」な知らせに、「そんなことなんでもないんだから。大丈夫なんだから」なんて勢いよく捲し立てるから 「分かってるって、そう言ってるじゃん」なんてシドロモドロ

「僕」という人間を、僕の3倍は心配しているみたい

「僕」がうみだす一つひとつの出来事に、僕の9倍は揺れているらしい、その心の針 


そして そう考えてみれば

僕だって、大切な人の ひとつひとつの出来事に 

笑って泣いて、怒り諭して、時には寝れなくなるほど悩んでみたりしてる

「結局のところは、本人の問題なんだよ」なんて左脳で言いながら、右脳がボロボロ涙を流したりする


僕の人生は、僕のものだけど、僕だけのものではなくて

僕がつくるひとつひとつの出来事が 波紋のように 誰かの心を揺らし

同じように 誰かの波紋に 僕の心は揺れている


「誰かのために頑張る」なんて偽善のニオイがプンプンするフレーズも、案外アリなのかもしれない

僕のちっぽけな努力も、まんざら捨てたもんじゃないのかな

「僕の人生、僕が責任取りますよ」なんて言ってた自分を殴り飛ばして、「僕と、僕につながる誰かのために頑張る」そんなキザくさいこと思ってる自分も、まぁ悪くない・・・かな



なんてことのない作業が回り回り回り回って

今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく

そんな確かな生き甲斐が 日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に 頬が染まる 温かなピンク

増やしていく きれいな彩り

(Mr.children 『彩り』) 【前半の内容に引いちゃった方へのメッセージ】

えぇ、現在朝の7時でして

ほとんど寝てないわけでして

『夜中に書いたラブレターは・・・』の世界なんですね、きっと。

前半の内容で「え、こいつ大丈夫?」なんて思った方、大丈夫です。

寝てないだけですから、寝れば治ります。笑

「たまにはカッコつけてみたかった」だけですから。

ご容赦ください。

僕はこんな奴ですから

ホント今後ともよろしくお願いします。


【前半の内容に、不覚にも共感してしまった方へのメッセージ】

これが本来の僕の姿ですから。

結構マジメなんです、僕。笑

こんなこと書いてる僕は、仮の姿ですから。

自信を持って、僕を愛してください。

ファンレター、待ってます。


【世界中の人へ】

こんな僕で、ごめんなさい。

コメント待ってます。笑
スポンサーサイト

すごく共感できたよ…途中まではw

自分のために生きてるけど、
誰かのために頑張ってる…そんな人って意外とたくさん居ると思うなぁ~。

実際、「誰かのため」の方が責任感とか使命感をもって頑張れる気がする。

やべ、ようつべでミスチルの曲聞いてたらすごくいい…(┳_┳ )

2007.03.03 | URL | こひぱぱ #LkZag.iM [ 編集 ]

ブログがちょこっと模様替えしてあるくらいだから、
よっぽど暇だったんだな、おめぇ。

2007.03.03 | URL | 7番 #- [ 編集 ]

まぁ、俺なんかは
『誰かのため』と思ったほうが
頑張れる人間であるような気がします。

まぁ・・・そんなこと
正直、10年前くらいから気が付いてたけど。

2007.03.03 | URL | くるくるぱー #- [ 編集 ]

面接で、「患者のため」とか「顧客のニーズ」とか散々言ってきた僕だけど、、

ちょっと考えてみよっかなって思った。
いい意味でね。

2007.03.17 | URL | みっ #- [ 編集 ]

>こひぱぱ さん
共感できましたか、ありがとう。
(途中までで十分です、ホントありがたい)

「誰かのため」に頑張っても、それは結局「自分のため」にもなるよね。

どちらも大切だろうから、そのとき一番自分が頑張れるように考えていればいいのかな。

ミスチルの曲は最新アルバム「HOME」に入っているそうなので、よかったらどうぞ

>7番 さん
うん、かなり。笑

>くるくるぱー さん
ぜひ10年前に教えて欲しかった。

この10年分の遠回りを返して・・・(泣き

>みっ さん
僕も「読者のために」、「地域のために」言いまくってますけどね。笑

実際に仕事をするようになっても、そう思えるか。

仕事の中で、その言葉に重みを持たせていけるか。

その辺が大事なのかな、とか思うわ。

2007.03.17 | URL | 小僧 #- [ 編集 ]


管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

Mr.Children | Genre = J-POP、J-ROCK| Occupation = ロックバンド| Years_active = 1989年~| Label = トイズファクトリー| Production = 烏龍舎| Associated_acts = 小林武史| Influences

美咲の部屋 | 2007.03.08
« | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。